東京・向島百花園2006-8-11・撮影

江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804〜1830年)に、
骨董商を営んでいた佐原鞠塢が、交遊のあった江戸の文化墨客の協力を得て、
花咲く草花観賞を中心とした花園として開園されました。
     

右上のをクリックすると、メニュに戻ります。
サムネイル画像をクリックで大きな画像がでます、画像の上でクリック、
又は矢印で前後の画像が出ます
をクリックすると閉じて戻ります。