沙羅双樹(夏椿)2006-6-23
{祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす…}
と平家物語に謳われている、「沙羅双樹の花」の寺として有名な、
妙心寺の塔頭寺院・東林院、普段は非公開だが、この沙羅の花の時期だけ公開されてる、
三年前にもきているが、今回お寺のお庭を見たとたんに「唖然」
三年前は樹齢300年の大きな沙羅の木にお花が咲いていたが、
今回は枯れてしまって葉っぱ一枚出ていないのには驚いたし、何だか悲しくなった。
異常気象の昨今、自然界にも影響してるとのお話だった。
右上のをクリックすると、写真が順に
表示され又は画像をクリックをクリックすると閉じて戻ります。